2019.11.25 One team! SCOHIA!

みなさん、「コンニチワ」。
いやいや、こんにちは。
初めまして、R&D Headの前川です。

「感動したっ!」
「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」「One team」「ノーサイドの精神」等の流行語を生み出し閉幕したラグビーワールドカップ、私も例に漏れず開催期間     中、その熱いプレーに釘付けになってしまいました。

そんな事もあり興味に任せていろいろ調べていると、ラグビーというスポーツはどうやら「One team」と言いながらも実際には2つのグループ(フォワードとバックス)に分かれており、お互いに「One team」と呼べるほど仲が良い訳ではないケースもしばしばあるということがわかってきました。

本当に強いteamとは。。。。。。。『普段は幾つかのグループが「お互いに意地を張り合い」「時には喧嘩になる」こともありながら、根底ではお互いに尊重し合い、いざという時にその力を一つに集結することができる team が本当に強いteamだ』と気付きました。

そのような観点で創薬Companyを眺めてみると、大きく分けて「化学」「生物」「製造」「臨床開発」の4つのteamに分かれて研究開発業務を行っています。またSCOHIAもその例に漏れず上記4つのteamを持ち、それぞれが「自分たちこそがその中でも最も専門性の高いSpecialist集団としてSCOHIAを背負って立っている」という気概を持って業務を遂行しており、時には喧嘩のような激しい議論が繰り広げられることも見受けられます(team内で起きることもしばしば。。。。。。)。

今回のラグビーワールドカップ日本大会の盛り上がりを通して、SCOHIAが真の創薬Companyに成長するために、それぞれのteamが健全に競い合い、お互いがお互いを尊重し合い、その経験とPrideを一つに集結できる文化・体質を作り上げる覚悟が必要であると学びました。

そして、継続的に肥満、糖尿病、腎臓病、それら周辺の治療の困難な疾患に対する治療薬を創出するために、より一層強いteam を作り上げていく覚悟をしました。近い将来、「スコヒアの薬で助かった。」と言って頂けることを夢に見ています。例えそれが一人の患者さんであっても。

前川

2019.10.18 スコヒアファーマのブログ書初め、奥村洋一から始めます。

皆さん、こんにちは。

子供のころからよく見ていた有名な大阪の某喜劇ではこれを「コンニチワ」と発声せずに、「コンニチハ」と言うことで、皆をずっこかせて、掴みを取るのですが、ブログではその技を発揮できませんので、滑ったまま、次に移ります。初回はスコヒアの会社の職場環境を紹介し、どんな雰囲気で社員が働いているかを皆さんに感じていただくことにします。

社のモットーは「笑門来福」です。患者さん、ステークホルダーの皆さんに笑顔を届け、我々自身も笑顔になれる。そうすれば更に福がやってくるという欲深いモットーです。以下は創業後最初の正月に社員の一人が書初めした写真です。心がこもっていますので、紹介します。

スコヒアの多くの社員が元武田薬品工業の研究者で構成されているので、会社の空気が固いのじゃないかなと想像しておられる方も少なからずいるのではないでしょうか。ラグビー日本代表キャプテンのリーチ・マイケルさんの言葉を拝借すると、「勝ちたいという強いメンタリティー」と同じくらい新薬を創るという気持ちは固く、また「勝てるという自信」と同じように、我々は新薬を患者さんに届けることができるという信念も固いのです。

普段の社員仲間同士、湘南iParkあるいは他所にいる友人たちと楽しくバイオベンチャー生活を送っております。例えば、湘南iPark内の交流パーティーで盃を交わし、フットサル競技会で各社のチームと対戦したり、麻雀、カラオケ、ゴルフというオヤジ3種競技に男女共に参加があり、楽しんでおります。組織が小さいので、個々の声が下から上から届き易く、社内は風通し良く、文句も文句も文句も言える企業風土、そして感謝や賞賛も届きます。

 こういう環境の下、肥満、糖尿病、腎臓病、それらの周辺の治療の困難な疾患に対する治療薬の創薬に叡智をかけております。近い将来、「スコヒアの薬で助かった。」と、例えそれがひとりの患者さんであっても言っていただけることを夢に見ています。皆様の温かいご支援を末永くお願い申し上げ、ブログ書初めを終わりにいたします。

どうですか。笑顔見えてきませんか?