arr_large arr_mini arr_sp arr_down one two three four five six seven eight nine

ニュース News

論文・学会

2023.06.12

SCO-240の臨床第1相試験に関する結果を学会発表:SSTR5アンタゴニストは成長ホルモン関連疾患の新しい治療戦略となる可能性がある

株式会社スコヒアファーマはSCO-240 の第1 相試験成績を第96 回日本内分泌学会学術総会
で報告しました。

プレゼンテーション名
SCO-240, a small molecule antagonist for somatostatin receptor type 5(SSTR5),
stimulates growth hormone secretion in humans

発表資料ダウンロード

ソマトスタチンはその受容体(SSTR)への結合を介して種々の生理活性を調節しています。一
方、受容体サブタイプであるSSTR5 のヒトにおける主要生理活性はこれまでよく分かっていま
せんでした。
今回、当社の研究チームは、経口投与可能で選択的なSSTR5 アンタゴニストであるSCO-
240 の薬剤プロファイルを第一相単回投与試験で評価しました。その結果、SCO-240 の1 日1
回、1-160mg 投与における良好な安全性および忍容性が確認されました。血漿中SCO-240 濃
度は投与量依存的に上昇し、1 日1 回投与が可能な持続性を示しました。また薬物動態プロフ
ァイルは日本人と白人、および絶食と非絶食の間において、臨床的に意味のある違いはありま
せんでした。薬力学的指標を検討したところ、SCO-240 は下垂体からの成長ホルモン分泌を強
く促進する一方で、他の下垂体ホルモンには影響がないことが明らかとなりました。
以上から、本試験はSCO-240 単回投与の安全性及び忍容性とともに、SCO-240 を介した
SSTR5 のアンタゴニズムがヒトの成長ホルモン分泌を強力に刺激することを世界で初めて示し
ました。以上から、SCO-240 は成長ホルモン関連疾患の新しい治療戦略となる可能性がありま
す。
当社はSCO-240 の全世界における開発および商業化におけるパートナーを探しています。

※PDFの発表資料はこちら


【株式会社スコヒアファーマについて】
株式会社スコヒアファーマは、循環、代謝・腎等の生活習慣病領域のうち高いアンメットニー
ズが残る疾患に対する医薬品の創出にフォーカスする創薬系バイオベンチャーです。当社の特
徴は、潤沢な研究開発パイプラインと、化合物創製・薬効評価・臨床開発等の各創薬プロセスに
おいて医薬品開発のトラックレコードを持つ研究開発チームにあります。当社の詳細情報につ
きましては、https://www.scohia.com/をご参照ください。

Back All

Page Top