過剰な酸化ストレスやそれに伴う炎症反応はNASH(非アルコール性脂肪肝炎)、腎臓病およびIBD (炎症性腸疾患)の病因であることが分かっています。NRF2は酸化ストレスから生体を防御するためのマスターレギュレーターであると理解されており、その活性化は酸化ストレスが関連する疾病に強力な薬効を示すことが分かっています。一方で、生理的な条件においてNRF2はKEAP1と呼ばれるタンパク質に結合しており、NRF2/KEAP1複合体は細胞内に存在するタンパク分解系で速やかに分解・不活化され、NRF2の抗酸化作用は発揮されない状態になっています。

NRF2活性化の方法は複数提唱されていますが、我々の研究グループはNRF2とKEAP1相互作用の阻害によるNRF2活性化が有効性および安全性において優位性があると考え研究を推進してきました。スコヒアファーマの研究者によって同定されたSCO-116はNRF2とKEAP1とのタンパク―タンパク相互作用を阻害し、NRF2を活性化する新しいタイプの薬剤です。さらに、これまで報告されている薬剤とは異なり、SCO-116は我々がNRF2活性化の主要標的と考える肝臓、腎臓及び腸管において選択的にNRF2を活性化するという薬物動態特性を有し、有効性および安全性をさらに高めていると考えています。

前臨床試験の結果、SCO-116はNASHおよび腎臓病に有効性を発揮することが分かっており、臨床における効果が期待されます。現在、臨床試験開始のための最終的な前臨床試験が進行中です。

適応症

  • 慢性腎臓病(CKD)
  • 糖尿病性腎臓病(DKD)
  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)
  • その他の酸化ストレス関連疾患
  • 抗酸化作用
SCO-116
細胞質
KEAP1
NRF2

KEAP1-NRF2
相互作用阻害

NRF2活性化

NASH

肝臓

抗線維化作用
抗脂肪肝作用

CKD/DKD

腎臓

GFR上昇作用
抗線維化作用

その他の酸化ストレス
関連疾患