直接的レニン阻害薬であるイマリキレン(開発コード:SCO-272)は、レニン―アンジオテンシン―アルドステロン系(Renin-Angiotensin-Aldosterone System; RAAS)を阻害することで血圧をコントロールし、RAASに起因する各種疾患を改善することが期待されています。臨床第2相後期試験が終了し、良好な結果を示しています。

適応症 :

  • 糖尿病性腎症
  • 高血圧症
  • 変化
  • 活性化
  • もたらす効果
  • 阻害
アンジオテンシノーゲン
アンジオテンシンⅠ
アンジオテンシンⅡ
ACE阻害薬
ACE
SCO-272
レニン
AT1受容体
ARB
高血圧症

高血圧症

腎機能障害

腎機能障害

心不全

心不全

ACE : Angiotensin-converting enzyme

ARB : Angiotensin receptor blocker

レニンはアンジオテンシノーゲンをアンジオテンシンIに変換する酵素で、アンジオテンシンIがさらにアンジオテンシンIIへ変換されAT1受容体に作用すると高血圧や腎臓病、心不全をもたらします。これら一連の反応の根本であるレニンの働きを抑制することで、途中を阻害するACE阻害薬やARBといった既存の薬剤とは異なる優れた薬効が期待されます。