SCO-792は、十二指腸に局在し消化管でのタンパク質の消化を制御するエンテロペプチダーゼの経口阻害薬です。本剤の投与により前臨床試験で劇的な肥満是正効果と代謝改善作用を認めており、部分的に肥満外科手術を模倣すると考えられています。現在、臨床第1相試験は終了しており、臨床第2相試験の準備を進めています。

適応症 :

  • 肥満症
  • 糖尿病
  • 糖尿病性腎症
  • 変化
  • 活性化
  • もたらす効果
  • 阻害
  • 食物の通り道
  • タンパク質

肥満患者

トリプシノーゲン
トリプシン

過剰なタンパク質

血糖値

体重

ENTP

SCO-792投与

SCO-792
ENTP

未消化タンパク

血糖値

体重

肥満外科手術

胃切除
ENTP

未消化タンパク

血糖値

体重

ENTP : Enteropeptidase

肥満および糖尿病患者では、タンパク質摂取量が増加しその結果消化管でのアミノ酸吸収が上昇するため、代謝や体重の調節異常をもたらします。SCO-792は十二指腸に局在するエンテロペプチダーゼを阻害することによってタンパク質分解の抑制、その後のアミノ酸吸収の抑制を介して未消化タンパク質の消化管内での吸収を増加させます。糖尿病および肥満患者に有効であることが知られている肥満手術では、エンテロペプチダーゼ阻害によって誘導されるものと同様のタンパク質およびアミノ酸の変化を示します。すなわち、SCO-792は部分的に外科手術を模倣することで薬効を発揮していると言えます。